3.11を、忘れない。

 

2011年3月11日から7年が経ちました。

いまでもあの日のことは、あの日の衝撃は、鮮明に覚えています。

7年経っても、”非常”から”日常”に戻っていない問題が、まだまだ、あります。

決して忘れない、そして、決して忘れてはいけない。

それも「わたしたちのできること」のひとつです。

雨谷麻世は、「雨谷麻世のできること」を、これからも続けていきます。

心から、黙祷を捧げます。

 

2018.3.11

雨谷麻世